fbpx

voice

自分の弱さをさらけ出すこと

シンガー/ True Colors JAZZゲスト・アーティスト

小澤綾子

  • Share on facebook
  • Email
  • Share on twitter
  • Share on what's up
  • Share on LINE

「True Colors JAZZ」はいわゆるジャズフェスとはちょっと違う、それぞれ色んな個性をもった“異才”が一堂に会して「違いなんて関係ない」ということが感じられるステージでした。一人一人の演奏が混ざり合った時に爆発するエネルギーを感じ、お客さんもノリノリで楽しんでいる様子を見たら、最高に幸せだなと感動して舞台上で泣いてしまいました(笑)。

ライブでは、中島みゆきさんの『糸』という曲を歌いました。私は一人でできないことが沢山あって、人は一人では生きていけない、ということをよく感じます。でもだからこそ、人と人との繋がりは生まれるし、その繋がりが人生をより豊かにするということをこの曲から学びました。そんな曲を今回を機に出会ったメンバーと歌えたことも、感動のひとつです。このステージで初めて出会ったミュージシャンの一人、ピアニストの紀平凱成くんには自閉スペクトラム症という個性がありますが、彼の演奏を見て「自分の好きという気持ちをもっと大事にしよう」ということを学びました。彼の、全力で楽しみながら奏でる音楽は本当に素晴らしかった! 私も、障害の有無なんて関係ない、ただ音楽や芸術を楽しめる世界があることを、2020年を越えても伝えていきたいですね。そして、世界がもっともっと違いを楽しむ世界になったら嬉しいです。

私は、障害や病気もあって、自分に自信がないと感じることが多いです。それでも、そんな自分を受け入れられるようになりました。シンガーとしての活動を始めて7年ほど経つのですが、始めた当初から聴いてくださっているお客さんが「私も実は……」とご自身のことを話してくださったんです。その時、私のような人は一人じゃないんだ、と思って。
誰しも、自分は自分でいいのかなって思ったり、自信がない時ってあると思うんですよ。でも、自分がその弱さをさらけ出すことで、仲間に出会えて、私は私のままでいいとやっと思えるようになりました。

小澤綾子オフィシャルサイト
True Colors JAZZ

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ