fbpx

voice

聞こえなくてもリズムは感じられる

True Colors DANCE参加者

MiCHi

  • Share on facebook
  • Email
  • Share on twitter
  • Share on what's up
  • Share on LINE

「障害者 ダンス」と検索したら出てきたのが、「True Colors Festival」。私はSLOW LABELの「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」に出演したことがあったり、もともとこうしたソーシャルインクルージョンのパフォーマンスに興味があって、常々もっと自分を表現していきたいと思っています。

「True Colors DANCE」のワークショップで行ったブレイクダンスは、今までにやったことのないジャンルでした。床に手をつき足をつき……という振り付けは初めてで。それに、プログラムの最後に人がぐるりと円になって、その真ん中でひとりが踊るというのも初めての経験で。ちょっと不安でしたが、今日教えてもらった内容を自分なりに表現したつもりです。イルアビリティーズのメンバーは、教え方がとてもわかりやすいのはもちろん、私たち参加者に寄り添っていることがとても伝わってきて楽しかったです。これからも色々挑戦していきたいと考えていて、私は、SLOW LABELが2019〜2020年にかけてプロデュースする、新作サーカス公演にパフォーマーとして出演します。また、2020年5月にTrue Colors Festivalにも出演する予定です。音が聞こえなくてもリズムがとれるというのを見せたいし、耳が聞こえなくても楽しんでパフォーマンスをやっていることを伝えていきたいと思っています。

True Colors DANCE

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ