voice

新しい動きを発見

車椅子ダンサー/ True Colors DANCE参加者

かんばら けんた

  • Share on facebook
  • Email
  • Share on twitter
  • Share on what's up
  • Share on LINE

僕は2016年に開催された「SLOW MOVEMENT」(主催:SLOW LABEL)の横浜公演にパフォーマーとして出演して以来、ダンサーとしての活動をはじめました。イルアビリティーズのことはダンスをはじめる前から知っていて、すごく好きな憧れのダンスユニット。「True Colors Festival」は、2018年にシンガポールで開催された「アジア太平洋障害者芸術祭」をフォローしていて知っていたのですが、イルアビリティーズが日本に来ると聞いて、これは参加したい!と思ってワークショップに参加しました。

いざワークショップで踊ってみると、今までになかった自分の動きを発見できました。僕は、「二分脊椎症」という障害があって、生活に車椅子を要します。なのでダンスでは、車椅子の上での逆立ちなど上半身を最大限に生かした動きが得意です。でも今回は、さらに背面を柔軟に使い、後転するようにスライドするムーブを開発できました。今まであまり背面を使った動きはしたことがなかったので、さらに動きの可能性が広がって面白かったです。「True Colors Festival」ではこれからも多彩なパフォーマーが参加すると思います。せっかくの機会です。彼らの突き抜けたパフォーマンスを、たくさんの、様々な人に観てほしいです。

かんばら けんたblog
True Colors DANCE

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ