voice

音が聞こえなくてもリズムはとれるし、楽しいです

True Colors DANCE参加者

MiCHi

今までになかった自分の動きを発見

車椅子ダンサー

かんばら けんた

これからの人生のインスピレーションに

イルアビリティーズ ジェイコブ・ライオンズ

Jacob "Kujo" Lyons

本当の多様性は、実際の割合と同じくらいの率で様々な人が集ってこそ

パントマイムパフォーマー

金子 聡

カテゴライズすることに、どういう意味があるんだろう。自分がしたいことやできることは、ジャンルにとらわれないはず。

アーティスト

コムアイ(水曜日のカンパネラ)

みんな好きずきな楽器で大勢でやるのも楽しくっていいですね

太鼓職人

吉田五輪生

違うもの同士が刺激を受け合ってこすれた時にスパークする――そういう時に出るエネルギーが私は好きです

パーカッショニスト

高良久美子

新しい扉が開かれたような、まるでセラピーのような体験

シンガーソングライター

フアナ・モリーナ

どんなまなざしを自分の中で大事にするかを認識すると、世界の見え方が優しくなる

セクシー女優

戸田真琴

障害あるなしに関係なく、インクルーシブな社会

SOCIAL WORKEEERZ 設立者・代表/プロデューサー

TOMOYA

普通に接することが重要だと思うんです。違いを決定せずに、それが難しくて、ついつい相手を決めつけてしまいますが。

ミュージシャン

YAKUSHIMA TREASURE

アートを通じて多様性の美しさを見ることは、インクルーシブな社会づくりのスタート地点

True Colors Festival エグゼクティブ・プロデューサー

オードリー・ペレラ

「単発」で終わらせず「継続的に」

株式会社ODORIBA

荒木理恵子

ダンスって勝ち負けの枠を越えた価値がある。今回のエキシビジョンには、すべての壁なしに繋がれるダンスの素晴らしさが詰まっている

ブレイクダンサー

Bboy Shigekix

お互いの言語がわかったり、わからなかったりする、その行き来が気持ち良い

スタディスト

岸野雄一

自分が出したい音を出すのって気持ちいい

小学6年生

田村晴

自分を愛でることができた時、他者との比較ではなく「自分の価値基準」のなかで自分を生かすことができる

振付家・ダンサー

砂連尾 理

自分が音楽をやっているのは、「生きている意味」を見つけたいからなんです。つまり「この瞬間ここにいて、他の人たちと空間を共にしている」ということを実感するため

ミュージシャン

サンティアゴ・バスケス

ひとり一人の個性や表現の「ミクスチャー」を誘発させたい

車椅子ダンサー

さとうあい

もっともっと先をいく「インクルージョンフェス」へ

SOCIAL WORKEEERZ、障がい者支援

進藤あかね

ページトップ