voice

アーティスト、観客、制作チーム。True Colors Festivalをつくりあげる様々な人の声をお届けします。

芸術や文化の話なしにスポーツは語れないし、そういう視点や議論がもっと広まるといい

ブレイクダンサー /True Colors DANCE出演者

Bboy Taisuke

難しいとかわからないとか、そんな気持ちは感動しすぎて起きなかった

小学3年生/ True Colors MUSICAL鑑賞者

神保太一

本当の多様性は、実際の割合と同じくらいの率で様々な人が集ってこそ

パントマイムパフォーマー/ True Colors DANCE参加者

金子 聡

音楽やダンスを通じて、みんなで関われる場が増えるといい

The Floorriorz /True Colors DANCE出演者

STEEZ

普通に接することが重要だと思うんです。違いを決定せずに、それが難しくて、ついつい相手を決めつけてしまいますが。

ミュージシャン /True Colors BEATS出演者

YAKUSHIMA TREASURE

「触る」ことで得られる情報で、いろんな人がもっと楽しめる

バリアフリー演劇結社ばっかりばっかり/ True Colors MUSICAL鑑賞者

美月めぐみ

2020を通過しても、バリアフリーやダイバーシティの発信拠点をつくりたい

SOCIAL WORKEEERZ ダンサー/ True Colors DANCE出演者

NAGA

世界中の全ての人は、隠れた才能を持っている

イルアビリティーズ創設者・マネージャー/ True Colors DANCE出演者

ルカ・レイジーレッグス・パトエリ

僕のアイデンティティは「聴こえないダンサー」ではなく、「かのけん」

ダンサー/ True Colors MUSICAL出演者

鹿子澤 拳

障害あるなしに関係なく、インクルーシブな社会

SOCIAL WORKEEERZ 設立者・代表、プロデューサー/ True Colors DANCE出演者

TOMOYA

今までになかった自分の動きを発見

車椅子ダンサー/ True Colors DANCE参加者

かんばら けんた

人は一人で生きていけないからこそ人との繋がりが生まれるし、その繋がりが人生をより豊かにする

シンガー/ True Colors JAZZゲスト・アーティスト

小澤綾子

自分を愛でることができた時、他者との比較ではなく「自分の価値基準」のなかで自分を生かすことができる

振付家・ダンサー/ True Colors ACADEMY「からだのミカタ」出演者

砂連尾 理

ひとり一人の個性や表現の「ミクスチャー」を誘発させたい

車椅子ダンサー/ True Colors DANCE参加者

さとうあい

音が聞こえなくてもリズムはとれるし、楽しいです

True Colors DANCE参加者

MiCHi

音楽をやっているのは、「生きている意味」を見つけたいからなんです

ミュージシャン/ True Colors BEATSイベント・ディレクター

サンティアゴ・バスケス

「間違い」というものはなくて、たとえそれが「違い」だとしても、そこから新しさが生まれる

ベーシスト/ True Colors BEATS出演者

岩崎なおみ

みんなでやるのが一番いいよ

ピアニスト/ True Colors JAZZゲスト・アーティスト

紀平凱成

人と違うこととか、自分にしかできないことに気づけたときの胸の高鳴りって、「生きてる実感」だと思う

トランペット奏者/ True Colors JAZZスペシャル・アーティスト

黒田卓也

ダンスって勝ち負けの枠を越えた価値がある。今回のエキシビジョンには、すべての壁なしに繋がれるダンスの素晴らしさが詰まっている

ブレイクダンサー /True Colors DANCE出演者

Bboy Shigekix

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ