ミュージックビデオ「Stand By Me」を公開しました

2020年6月より「True Colors Festival 超ダイバーシティ芸術祭」をオンラインで再始動します。
第一弾として、“今不安を抱えている人に寄り添うことの大切さ”を歌い、世界15ヶ国・地域46名の障害のあるアーティストが自宅から撮影に参加して、「Stand By Me」のミュージックビデオを制作。True Colors DANCEに参加したILL-Abilities、MUSICALに出演した鹿子澤拳と東野寛子やアメリカで最も有名な手話通訳者として知られるアンバー・ギャロウェイも参加しています。

詳細はStand By Meをご覧ください。

topics

自分が出したい音を出すのって気持ちいい

小学6年生/ True Colors BEATS参加者

田村晴

True Colors Festival 2020/2021

True Colors Festival(トゥルーカラーズ フェスティバル)は、パフォーミングアーツを通じて、障害・性・世代・言語・国籍など、個性豊かな人たちと一緒に楽しむ芸術祭です。誰もが居心地の良い社会の実現につなげる試みです。

世界的な危機により、私たちは身近な人たちと引き離される経験をしています。でも、だからこそ人とつながること、共に楽しむことの大切さを再認識しました。

新たな環境で、アーティストと観客が、どうやって体験を共有し、共に楽しむことができるのか。みなさんと一緒に考えながら、プロジェクトを展開していきます。

ページトップ