WEAR YOUR True Colors INVITED ARTISTS BY KLEINSTEIN

多様なメッセージをTシャツにデザインする「WEAR YOUR True Colors プロジェクト」の一環として、KLEINSTEIN(代表小石祐介氏)をSELECTORに迎え、“WEAR YOUR True Colors INVITED ARTISTS BY KLEINSTEIN”と題したスペシャルアーティストシリーズを展開いたします。

Tシャツにメッセージ性を与えるカルチャーを生み出し、パンクムーブメントの先駆けともいわれるアーティストJohn Dove and Molly White(ジョン・ドーヴ&モーリー・ホワイト)、ゲイアートの先駆者であり、フィンランドの国民的芸術家として知られるTom of Finland(トム・オブ・フィンランド)、アメリカ合衆国のヒップホップグループ「BLACK EYED PEAS」のメンバーであるAPL.DE.AP(アップル・デ・アップ)によるメッセージTシャツを発表いたします。

ラインナップ

“ME?YOU&US!”

Tシャツ着用イメージ

  • Tシャツ着用イメージ(表)

  • Tシャツ着用イメージ(裏)

「人はそれぞれ独自の“CULTURE”を持っている。“Me?”は世界の中で自分を見つめ直すため、そして他者と社会で触れ合うための問いかけであり、異なる文化的経験を共有するための基本的な言葉。“You”は他者への呼びかけ、時に説得しコミュニケーションの中に巻き込む言葉。”US”は他者との団結と祝福。思えば、人類の起源から我々はずっと他者とインタラクションを続けている。我々はTRUECOLOURのために”CULTURE”の交換とインタラクション、そして個人の自由を祝福したいと思う」John Dove and Molly White

message and design by John Dove and Molly White

price:¥6,389(税抜)
size:XXL

  • John Dove and Molly Whiteの写真

    John Dove and Molly White

    イギリス、ノーウィッチ出身のJohnDove(ジョン・ドーヴ)とテキスタイルデザイナーのMollyWhite(モーリー・ホワイト)が1964年にロンドンで結成したアートユニット。パンク・ムーブメントの提唱者といわれるVivienneWestwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)とMalcolmMcLaren(マルコム・マクラーレン)に影響を与えた人物としても知られている。現在は現代美術家として活動中。
    1968年に「WONDERWORKSHOP」名義でフルグラフィックのTシャツやジャケットを製作し、「ParadiseGarage」(London)、GreenwichVillageの「Ians」(NewYork)などで作品を販売。この活動から、グラフィックTシャツがファッションアイテムとして認知され、ロンドンを中心に世界中で流行する。1976年に自身のショップ「KITSCH-22」を開店し、カルトブランド「MODZART」を展開。作品はIggyPop(イギー・ポップ)、MarcBolan(マーク・ボラン)、MickJagger(ミック・ジャガー)、LouReed(ルー・リード)、SidVicious(シド・ヴィシャス)、PaulMcCartney(ポール・マッカートニー)など70年代を象徴するアーティストに愛用された。2017年に日本初の個展”SENSIBILITYANDWONDER”(DIESELARTGALLERY)をKLEINSTEINCO.,LTD.によるキュレーションで行った。
    johndove-mollywhite.co.uk

"Yes, I consider my work pornography. Pornography means to stimulate people’s sexual feelings, and I'm always very aware of that. My motive is lower than art."

Tシャツ着用イメージ

  • Tシャツ着用イメージ(表)

  • Tシャツ着用イメージ(裏)

「トム・オブ・フィンランドは数多くのアーティストに絶大な影響を与えたゲイエロティックアートの先駆者だ。しかし、「アーティスト」である前に一人の個人であり、セクシュアル・マイノリティとして自分のありのままを生きることを追求した、その生き方の先駆者なのだ。気取らない、バックプリントのメッセージは自由な生き方を追求した一人の姿を表している。」(KLEINSTEIN)

message and artwork by Tom of Finland
design by KLEINSTEIN CO.,LTD.
special thanks cultureEDIT LLC

price:¥4,537(税抜)
size:M,XL

  • Tom of Finlandの写真

    Tom of Finland

    1920年、フィンランド生まれのアーティスト。1991年に死去。
    戦後のゲイカルチャーの中で最も象徴的なクリエイターであり、20世紀に最も影響力のあった芸術家の一人。彼は1940年代から何千枚ものイメージを制作し、同性愛への嫌悪をあからさまに示す男性的文化に対するメッセージとして、モーターバイク、暴漢、木こり、警官、カウボーイ、船員といったような荒々しい男性的なモチーフを、巧みな技術と想像力を駆使してそれらをゲイカルチャーの象徴と再現して発表したことで知られる。彼のイメージには、弁解することなく、自己を意識し、誇りを持ってゲイのセックスと性に熱中している人々が描かれている。
    1984年、トム・オブ・フィンランドと彼の友人であるダーク・デーナーがトム・オブ・フィンランド財団を設立。トム・オブ・フィンランドの膨大な作品群と、またゲイエロティックアートを収集する目的で設立された財団は、セクシュアリティーに対する健全で寛容な態度を社会において広めるための教育活動に積極的に取り組んでいる。
    tomoffinlandfoundation.org

  • KLEINSTEINのアイコン

    KLEINSTEIN

    クラインシュタインは、日本の東京を拠点とするデザイン・コンサルティングスタジオ。2014年に小石祐介、小石ミキが設立。ファッションを中心とした企画、商品開発、編集、アートディレクション、コラボレーションの企画、戦略や海外ブランドの日本進出など、多彩なプロジェクトを展開している。非自明な試みを通して、ファッションそのものの本当の意味、独自の意味を追求すること、社会における人間の行動様式、生活様式と力学を変化させることの可能性の追求に取り組んでいる。
    kleinstein.com/

  • Joakim Andreasson cultureEDITの写真

    Joakim Andreasson cultureEDIT

    ヨアキム・アンドレアソンは2014年にcultureEDITを設立。クリエイティブとマーケティングのプロセスを通し、アーティストやブランドに対し、文化とビジネスの融合をガイドする専門的なサービスを提供している。クライアントには Tom Of Finland Foundation, Henzel Studio, Bob Mizer, Helmut Lang (Artist), and Bernhard Willhelmなど。
    culture-edit.com/

“PROGRESS”

Tシャツ着用イメージ

  • Tシャツ着用イメージ(表)

「白紙。知識と経験によって我々は賢くなることができる。ただ誰しもが最初は白紙の状態で生まれてくる。
その白紙を様々な人々と一緒に埋めていくほど、より良い見識を獲得できる。
我々は人生という最高のムービーを創ることができる。
そして世界は「あなた」という一人の個人によって進歩(PROGRESS)できる。」
(Apl.de.ap& Patrick Cunningham)

message by Apl.de.ap
design by Gyoh Shidara
production by Patrick Cunningham
creative direction by KLEINSTEIN CO.,LTD.

price:¥4,537(税抜)
size:M,L

  • Apl.de.ap.の写真

    Apl.de.ap.

    ラッパー、シンガー、ミュージックプロデューサー。グラミー賞受賞のグループ、ブラック・アイド・ピーズのメンバー。 フィリピン出身のアフリカ系アメリカ人。家が貧しかったので、14歳の時にアメリカ人弁護士の養子になり、故郷フィリピンからアメリカへたった1人で移住する。母国語はタガログ語であり、渡米した頃は英語が全く話せなかったというエピソードがある。現在、音楽活動の他に、数々のチャリティー活動でも注目を浴びている。彼が設立したApl.de.ap財団は、故郷のフィリピンとアジアの子ども達から芸術と技術の世界的な専門家を育てるというヴィジョンのもと、学校教室を建設や奨学生を支援するなど教育環境を整え、生活改善の知識をスキルを身につける機会を提供している。
    www.apldeap.com/

  • 設楽 尭の写真

    設楽 尭

    グラフィックデザイナー、1983年東京出身。 幼少期をロンドンで過ごし、高校卒業後はニューヨークのKIDI Parsons and Parson School of Designでグラフィック/プロダクトデザインを学ぶ。在学中、Stephen Talasnik Studioでアーティストアシスタントを務める。 ニューヨークから帰国後、ナイキジャパンに入社、デザインチームのインターンに参加、またナイキ原宿店で7年間の間ショップスタッフとしてジョーダン / バスケットボール部門のマネージャーを務める。2016年フリーのグラフィックデザイナーとして活動。現在はLafayette、68&Brothers、Mitchell&Ness、NBA、Rakuten、UMBの他、バスケットボールのプレイヤーのためにデザイン提供を行っている。

  • Patrick Cunninghamの写真

    Patrick Cunningham

    ハリウッドと東京を拠点とするエンターテイメント・コンサルタント、プロデューサー。メイバッハ・カニンガム社代表。 過去15年間、マリオット、ソニー、キンバリー・クラーク、ペプシ、メイバック、フォードなど、世界的ブランドのコンサルティングを行う。プロデューサーとしては、Mathew Perry、Will Smilth、Woopi Goldberg、Juliett Lewis、Elizabeth Olsen、John Hawkes、Michelle Mognahanと複数のプロジェクトを手掛けている。彼がプロデュースした映画作品はカンヌ国際映画祭、サンダンス映画祭など50を超える主要な映画祭など、多くの国で大賞や賞を受賞。プロデュースした映画作品である「マーサ、あるいはマーシー・メイ」( はオバマ政権時代にホワイトハウスで上映された。2017年には、来日中のオバマ前大統領と会談。現在、彼は日本でヒットした「カメラを止めるな」の米国版リメイクのプロデュースに取り組んでいる。Apl.de.Apとは古くからの友人。
    www.imdb.com/name/nm0192416/

  • KLEINSTEINのアイコン

    KLEINSTEIN

    クラインシュタインは、日本の東京を拠点とするデザイン・コンサルティングスタジオ。2014年に小石祐介、小石ミキが設立。ファッションを中心とした企画、商品開発、編集、アートディレクション、コラボレーションの企画、戦略や海外ブランドの日本進出など、多彩なプロジェクトを展開している。非自明な試みを通して、ファッションそのものの本当の意味、独自の意味を追求すること、社会における人間の行動様式、生活様式と力学を変化させることの可能性の追求に取り組んでいる。

SELECTOR

  • KLEINSTEIN

「”ダイバーシティ”という言葉を目にすると、消費社会にどっぷり浸かりきったポリティカル・コレクトネスの影をどうしても見てしまう。しかし実際、今の世界では倫理的に正しいことをただ叫んでも、当事者で無い人々は関心を持たない。一歩、間違えるとコミュニティの分断を招き、炎上案件を作るだけで終わってしまうこともある。「今必要なこと」、ここに本当に人々の関心を集めるにはそこに何かしら強い、パワーのあるクリエーションの力が必要なのだ。
今回、「世界が多種多様な個人によって生成されていること」を示し続けてきた人達に協力をしてもらった。アフリカ系であり、かつフィリピンからの移民であるThe Black Eyed PeasのApl.de.Ap。マイノリティが生きにくい時代に自分らしく生き続けることを突き通した模範として、ゲイエロティックアーティストの先駆者であるTom Of Finland。そしてTシャツにメッセージをプリントするという行為を1967年に開始し、ストリートファッションの先駆者となった後、年齢など関係なく、今もなお第一線のアーティストとして活動するJohn Dove and Molly White。彼らとともに自由と個人を祝福したいと思う。」

 

Profile:
KLEINSTEIN
クラインシュタインは、日本の東京を拠点とするデザイン・コンサルティングスタジオ。2014年に小石祐介、小石ミキが設立。ファッションを中心とした企画、商品開発、編集、アートディレクション、コラボレーションの企画、戦略や海外ブランドの日本進出など、多彩なプロジェクトを展開している。非自明な試みを通して、ファッションそのものの本当の意味、独自の意味を追求すること、社会における人間の行動様式、生活様式と力学を変化させることの可能性の追求に取り組んでいる。

小石祐介
クリエイティヴディレクター。株式会社クラインシュタイン代表。
東京大学工学部卒業後、コムデギャルソンを経て、国内外のブランドのプロデュースやリブランディング、デザイン、コンサルティングなどを行っている。現代アートとファッションをつなぐプロジェクトやキュレーション、アーティストとしての創作、個人としては評論・執筆活動を行う。コム デ ギャルソン在籍時のアートプロジェクトとしては、荒川修作+MADELINE GINSが主宰するREVERSIBLE DESTINY FOUNDATIONによる『BIOTOPOLOGICAL SCALE-JUGGLING ESCALATOR』(DOVER STREET MARKET NEW YORK内, 2013年)など。2018年6月には、展覧会『BEING AND TIME』にて、写真家のJÖRGEN AXELVALL、濱田大輔とともに作品を発表。
kleinstein.com/

販売場所

代官山蔦屋書店「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭- フェア」にて「WEAR YOUR True Colors INVITED ARTISTS BY KLEINSTEIN 」シリーズを期間限定で販売いたします。
また、本芸術祭のアンバサダーを務めるRYUCHELL(りゅうちぇる)さんほか、参加アーティストによるメッセージTシャツのファーストラインナップや、服部一成デザインのフェスティバルグッズも販売予定です。

日時:2019年9月17日(火)〜10月7日(月) 7:00-26:00
会場:代官山蔦屋書店(東京都渋谷区猿楽町17-5)

  • 代官山蔦屋書店の写真

topics

どんな時も自分を愛し、自分の色を信じて生きていく

タレント・アーティスト RYUCHELL

りゅうちぇる

ページトップ