True Colors JAZZ

True Colors JAZZ – 異才 meets セカイ
Directed by Takashi Matsunaga

Jan/4,6,8

世界各地の音楽家と異才が出会うコンサート

注目のピアニストで日本財団と東京大学が進める「異才発掘プロジェクト」ホーム・スカラーの紀平凱成をはじめ、10歳で世界のミュージシャンとの共演を重ねるドラマーのよよかなど特別な才能を持つゲストミュージシャンが新たな世界に出会うジャズ・セッションをピアニスト松永貴志のディレクションで3都市にて開催。

ミュージシャンはそれぞれの場所、時間、環境から育まれた個性/音楽を使って、コミュニケーションを重ね合わせることで新しいセカイを作りだすことができる。世界各地から集った一流のジャズミュージシャンと特別な才能を持つミュージシャンが出会う、多様な可能性を持ったセカイを体験しませんか?

True Colors JAZZ – 異才 meets セカイ
Directed by Takashi Matsunaga

2020年1月4日(土) / 1月6日(月) / 1月8日(水)

場所
1月4日:Billboard Live OSAKA(大阪)、1月6日:Blues Alley Japan(東京)、1月8日:CIB(熊本)
料金
有料
  • 車椅子席あり

  • 会場最寄駅よりのご案内あり

  • 介助者1名無料

  • 手話通訳あり

  • 日英通訳あり

  • 会場スタッフあり

  • 筆談ボードあり

大阪公演

日程 2020年1月4日(土)(2回公演・入替制)
開演時間 15:30開場/16:30開演
18:30開場/19:30開演
場所 Billboard Live OSAKA(ビルボードライブ大阪)
〒530-0001 大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT B2F
出演者 イベント・ディレクター:松永貴志(ピアノ)
スペシャル・アーティスト:黒田卓也(トランペット)
ゲスト・アーティスト:小澤綾子(ボーカル)、紀平凱成(ピアノ)
海外アーティスト:Alina Rostotskaya (アリーナ・ロストツカヤ、ボーカル、ロシア)、Jonno Sweetman(ジョンノ・スウィートマン、ドラム、南アフリカ)、Josep Traver (ジョセップ・トラベル、ギター、スペイン)、Luca Alemanno (ルカ・アレマンノ、ベース、イタリア)、Ravee Treesaksesakoon (ラヴィー・トリーサックシーサクーン、トランペット、タイ)、Sarah Elgeti (サラ・エルゲティ、サックス、デンマーク)

東京公演

日程 2020年1月6日(月)
開演時間 17:30開場/19:00開演
場所 Blues Alley Japan(ブルース・アレイ・ジャパン)
〒153-0063 東京都目黒区目黒1-3-14目黒ホテルレオンインターナショナルB1F
出演者 イベント・ディレクター:松永貴志(ピアノ)
ゲスト・アーティスト:小澤綾子(ボーカル)、紀平凱成(ピアノ)、よよか(ドラム)
海外アーティスト:Alina Rostotskaya (アリーナ・ロストツカヤ、ボーカル、ロシア)、Jonno Sweetman(ジョンノ・スウィートマン、ドラム、南アフリカ)、Josep Traver (ジョセップ・トラベル、ギター、スペイン)、Luca Alemanno (ルカ・アレマンノ、ベース、イタリア)、Ravee Treesaksesakoon (ラヴィー・トリーサックシーサクーン、トランペット、タイ)、Sarah Elgeti (サラ・エルゲティ、サックス、デンマーク)

熊本公演

日程 2020年1月8日(水)
開演時間 18:00開場/19:30開演
場所 CIB(キーブ)
〒860-0806 熊本市中央区花畑町11-14 KOHENビル2F
出演者 イベント・ディレクター:松永貴志(ピアノ)
ゲスト・アーティスト:よよか(ドラム)
海外アーティスト:Alina Rostotskaya (アリーナ・ロストツカヤ、ボーカル、ロシア)、Jonno Sweetman(ジョンノ・スウィートマン、ドラム、南アフリカ)、Josep Traver (ジョセップ・トラベル、ギター、スペイン)、Luca Alemanno (ルカ・アレマンノ、ベース、イタリア)、Ravee Treesaksesakoon (ラヴィー・トリーサックシーサクーン、トランペット、タイ)、Sarah Elgeti (サラ・エルゲティ、サックス、デンマーク)

【大阪・東京・熊本共通】
鑑賞サポートについて

車椅子席/会場最寄駅よりご案内/介助者1名無料

11月20日(水)受付開始
詳細はこちらをご覧ください

イベント・ディレクター

  • 松永貴志の写真

    松永貴志(まつなが たかし)

    1986年、兵庫県生まれ。17歳でメジャー・デビュー。 ハービー・ハンコックとの共演をきっかけに、世界のミュージシャンから喝采を集める。欧米、アジア各国で「STORM ZONE」発表。NYブルーノート・レーベルで最年少のリーダー録音記録を樹立。2015年、ポーランド「Manggha 館」設立20周年式典に招待され大統領の前で演奏し、博物館のテーマ曲を作曲。2017年、世界10カ国ツアーを開催。
    https://takashimatsunaga.com

スペシャル・アーティスト

  • 黒田卓也の写真

    黒田卓也(くろだたくや)

    1980年、兵庫県生まれ。12歳からトランペットを始め、神戸、大阪のジャズクラブにて16歳から演奏を始める。2003年に渡米し、ニュースクール大学ジャズ科に在学時から有名クラブに出演するなど、精力的に活動。2011年のの2ndアルバム“Edge”はJAZZWEEK.COMのTOP50 JAZZ ALBUMSで3位にランクインして大絶賛される。2014年には名門ブルーノートと日本人としては初の契約を果たしメジャーデビュー作“Rising Son”、2016年には西海岸の老舗メジャーレーベルより“Zigzagger”を発表。また、ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、DJ プレミア, JUJU, CERO, MISIA, Antibalasなど様々なアーティストとのコラボレーションを展開している。

ゲスト・アーティスト

  • 小澤綾子の写真

    小澤綾子(おざわ あやこ)

    千葉県君津市生まれ。小学校の頃からだんだん走るのが遅くなり歩き方がおかしくなり、周りと違っていく自分に気づく。病院を転々とし、20歳のときに進行性の難病筋ジストロフィーと診断がつく。10年後には車椅子、その先は寝たきりと医師から告げられ、人生のどん底に落ちるが、「筋ジスと闘い歌う」と掲げ、現在はイベント、学校、病院、老人ホームなどで講演ライブを行い、全国に生きることを伝えている。
    https://challenged-ayako.com/

  • 紀平凱成(きひら かいる)の写真

    紀平凱成(きひら かいる)

    16歳でトリニティ・カレッジ・ロンドンの上級認定試験に合格し奨励賞受賞。昨年、同大学のディプロマを取得。幼年期より耳で聞いた音楽をエレクトーンで再現し始め、楽譜理論も自然に習得。小学校にあがる頃にはお絵描き帳が作曲した曲で溢れていた。高学年になると聴覚過敏が強くなるが、世界中の人に自分の曲を聴いてもらいたい一心で挑戦を続け、今年4月浜離宮朝日ホールでソロ・リサイタル・デビュー。
    https://kihirakyle.com

  • よよかの写真

    よよか

    2009年10月生まれ。2歳からドラムを始め、4歳からライブ活動を開始し、5歳で家族バンド「かねあいよよか」を結成。幼稚園在籍中の6歳で1stCDを発売する。Led Zeppelinの『Good Times Bad Times』をカヴァー演奏した応募動画が、アメリカのNBC、NPR、ローリングストーン誌やビルボードで特集され、世界中のミュージシャンから大絶賛される。2018年は『RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO』に出演。2019年ロサンゼルスの老舗ライブハウス「Whisky A Go Go」にて海外初ライブ。
    https://yoyoka.jp

海外アーティスト

  • アリーナ・ロストツカヤの写真

    アリーナ・ロストツカヤ

    ボーカル(ロシア)
    ロシア・モスクワ出身のシンガーソングライター。ジャズ、ロシア民謡、クラシックを融合し、これまでに様々な国際ジャズの賞を受賞している。ロシア語、英語、ラディーノ語や様々なジャズ・スキャットから現代音楽までの言葉を使わない歌唱法を実験的に取り入れながら独特のスタイルを確立。2018年にはノルウェーのレーベルからデビューアルバムFLOWをリリースし国際的な評価を受ける。

  • ジョンノ・スウィートマン

    ドラム(南アフリカ)
    サーフィンをこよなく愛するドラマー、ジョノ・スウィートマン。南アフリカの海沿いの小さな街で生まれ、プロ・ドラマーである父親の影響を受け、幼少期にドラムを始める。ジャズ・ドラムの伝統とアフリカン・ドラムの伝統を 融合させたスタイルで高い評価を得ている、現代の南アフリカの音楽シーンを代表するドラマー。サーフィンを通じた海との対話は、彼の紡ぐ音楽にアフリカの自然を深く感じさせてくれる。

  • ジョセップ・トラベルの写真

    ジョセップ・トラベル

    ギター(スペイン)
    8歳でギターを始め、18歳でハーモニー、アレンジング、ギターの勉強をスペイン・バダロナのEMMBで始める。1991年にはプロのギタリスト、そしてEMMBでギターの講師として活躍する。その後クラシカル・ギターで修士号をバンデロナ音楽院で取得。これまでにジョン・スコーフィールド、ヨルへ・ロッシー、ベン・モンダー、ハヴィア・ホアンコ、ペレ・ソト、ダニ・ペレズなどのなどのマスタークラスに参加。最近では1925年のセルゲイ・エイゼンシュテインのサイレント映画『戦艦ポチョムキン』のサウンドトラックとしてギターとコンピュータのための作曲作品を発表している。

  • ルカ・アレマンノの写真

    ルカ・アレマンノ

    ベース(イタリア)
    イタリア・レッチェ出身で現在はLAを拠点にし、批評家から「イタリアが輩出する最も優れた若い世代のモダンジャズの音楽家」と評価を受けるアップライト・エレクトリックベース奏者。レッチェのT・シパオン学院でクラシックダブルベース、サレルノのG・マルツッチ音楽院でジャズ・エレクリックベースの学位を取得。 2017年にはニューヨーク州イサカでの国際ベーシスト大会で優勝、2009年にはEuropean Bass Dayでも1位入賞。2019年10月バンドリーダーとしてもデビューアルバム『I Can See Home From Here』を発表。

  • ラヴィー・トリーサックシーサクーンの写真

    ラヴィー・トリーサックシーサクーン

    トランペット(タイ)
    1993年バンコク生まれ。2009年からタイ国際ジャズ会議での演奏をきっかけにジャズ・トランペット奏者を志し 、マヒドル大学音楽科ジャズ専攻に入学する。様々なビッグバンドやアンサンブルでリードやセカンドトランペットとして演奏をしている。2011年には交換留学生として滞在していたドイツのビッグバンドやフランフルト・ユース・シンフォニーオーケストラなどに参加した。2016年から現在に至るまでKitasewi Bandというディクシーランド・ジャズ・バンドでリード・トランペットとして多くのイベントに参加し、Slangerup Jazz Festival,などに出演をしている。

  • サラ・エルゲティの写真

    サラ・エルゲティ

    サックス、フルート(デンマーク)
    デンマーク音楽賞にもノミネートされた『Synchronize』と『Into the Open』はドイツ、イギリス、アメリカ、デンマーク、そして日本からリリースされている。2019年、フーガからインスピレーションを受けた木管楽器のための楽曲と人生の儚さをテーマにした歌詞を取り入れた新作『Dawn Comes Quietly』をリリース。 コンテンポラリージャズと力強い詩的表現を組み合わせ、独特で透明感に溢れたスカンジナビアンな作品に仕上がっている。美しいバラードからグルーヴ感のあるラテン、ビバップなスウィング・チューンとファンク的な変則リズムまで高い技術とセンスで達成されている。

関連動画

松永貴志

紀平凱成

小澤綾子

よよか

クレジット

主催 日本財団
共催 日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS、Billboard Live OSAKA(大阪公演のみ)
特別協賛 東急グループ、TikTok
協賛 Facebook、Twitter Japan 株式会社、ヤフー株式会社、CINRA.NET、タイムアウト東京、渋谷キューズ
後援 渋谷区、日本障害フォーラム

SHARE ON

自分が音楽をやっているのは、「生きている意味」を見つけたいからなんです。つまり「この瞬間ここにいて、他の人たちと空間を共にしている」ということを実感するため

ミュージシャン

サンティアゴ・バスケス

other program

topics