True Colors Festivalアクセシビリティガイド
「みんなが楽しむために」

True Colors Festivalでは誰もが参加しやすいフェスティバルを目指し、それぞれのイベントで多様な背景や個性のある人に居心地のよい「場」づくりを心がけています。本ガイドでは過去開催されたイベント(True Colors DANCE/ True Colors BEATS/True Colors JAZZ/ True Colors MUSICAL)を例に、「会場への案内」「会場設計」「鑑賞サポート」の3つの視点から、アクセシビリティへのさまざまな工夫や取り組みを紹介します(項目ごとに実施したイベントを記載しています。詳しくは各プログラム紹介ページをご覧ください)。

困難のない到着のために|会場案内のアクセシビリティ

WEBでのルート案内(全プログラム)

視覚障害のある方やノンステップルートをご希望の方に向けて、会場最寄駅からのアクセスルートをご案内しています。

アテンダントスタッフ(全プログラム)

いろいろなお客様に柔軟に対応できるアテンダント(ボランティア)スタッフと共に、お客様をお迎えします。駅から会場へのルート案内、座席までのエスコート、鑑賞サポート機器の貸し出しなどを行います。*参加者からの声

筆談ボード(全プログラム)

会場の受付に聴覚障害のある方や発声障害のある方のための筆談ボードをご用意しています。

触地図(BEATS)

マーケットや屋台が出店する野外公演では、視覚障害のある方のために触覚で空間認識を行うための触地図をご用意します。

誰でも楽しめる場所づくり|会場設計のアクセシビリティ

車椅子席(DANCE、BEATS、JAZZ、MUSICAL)

車椅子を利用したままの観劇と会場の座席での観劇を選択できます。また、介助者の方には近い座席をご用意します。

通路側席(MUSICAL)

上演中に入退場の可能性のある方(小さなお子様連れの方など)、客席の中まで入っていくことが難しい方には、通路側席や出入口に近いお席をご用意します。

字幕の見やすい席(MUSICAL)

聴覚障害のある方、弱視の方には字幕の見やすい席を用意します。

ロビー鑑賞スペース

上演中に席を離れる方は、ロビー空間でゆったりとモニターのライブ映像を見ることができます。

心置きなく作品を楽しむ|鑑賞サポートのアクセシビリティ

手話通訳(DANCE 、BEATS〈MC〉、JAZZ〈MC〉、MUSICAL〈アフタートーク〉)

手話通訳を行います。手話の見やすい席をご用意します。

音声補聴〈ネックループ貸出〉(MUSICAL)

補聴器の音量を調節し、クリアに音声が聞けるヒアリングループ(磁気ループ)を貸し出します。*参加者からの声

ボディソニック(JAZZ)

振動装置が組み込まれたポーチとザブトンクッションで振動を身体に伝え、聴覚障害のある方が骨伝導により全身で音楽を楽しむことのできる機器をご用意します。(協力:パイオニア株式会社)*参加者からの声

音声ガイド(MUSICAL)

主に視覚障害のある方や子どもを対象に、日本語吹替や状況説明を組み合わせた音声を聴くことができる機器を貸し出します。

かんたん日本語字幕・英語字幕〈タブレット字幕貸出〉(MUSICAL)

聴覚障害のある方や、知的・発達障害のある方で音声より視覚情報の方が捉えやすく、難しい漢字・表現が苦手な方などを対象に、お手元で簡単な日本語と英語の字幕をご覧いただけるタブレットをご用意します。

タッチツアー(MUSICAL)

舞台へ上がり、実際の舞台美術などを触ることができる、主には視覚障害のある方を対象としたツアーです。作品の上演前にイメージを膨らませることができます。*参加者からの声

事前解説(MUSICAL)

作品の上演前に、物語のあらすじを手話とかんたんな日本語で解説します。主には聴覚障害・発達障害・知的障害のある方や子どもを対象としており、事前にあらすじを知ることで、作品がより分かりやすくなります。*参加者からの声

舞台上字幕〈日本語〉(DANCE、MUSICAL)

字幕の出る位置も事前にご案内しています。

点字パンフレット・拡大パンフレット(BEATS、JAZZ、MUSICAL)

会場に点字版のパンフレット、拡大パンフレットをご用意しています。(点字版はご希望に応じて事前に郵送も行っています)

撮影:冨田了平、西野正将

ページトップ